« January 2011 | Main

March 2011

March 27, 2011

準備

まだ出社日が確定していないので、とりあえず不動産やさんに解約の連絡して、一時休止。とりあえず一人でやっておけることを進めることにしました。

今週やったこと。
・やるべきことリストをつくる
・遠くに出しにいったままのクリーニングを取りに行く
・美容院にいく
・東京の友達に連絡する
・スーツを買う
・お礼の品をすこしずつ買う

柄もの大好きの私の洋服、他の会社を訪問できるような服じゃないのでcoldsweats01 使えそうなものをクローゼット見ながら書き出して、ベージュのスーツと紺のジャケットをテーマに伊勢丹にいきました。3時間いろんなフロアをぐるぐるしたり試着するも、袖が短かったり、ひらひらしてたり、そもそもノーカラーJKばっかりで上下セットが少なかったりで、悩みました。もう今日はいいかーと思い始めたときに思いついた、同じチームの人が愛用のお店。ちょっと年齢層上?ッ手感じだけど雰囲気が好きだったので、行ってみたらスーツいっぱいあるッflair

Pap_0012 すんごいビジネスっぽいのもあったけど、そこまででも。。。と(勝手に)思い、ベージュのスーツにしました、春らしいし、上下バラバラでも着れるし♪ そもそもビジネスシーンで上下バラバラって失礼なのかなあ。そんなこともいまいち実感がわかないくらいスーツ初心者の私でした。。。。お店の人の提案で、少しでもちゃんとしてる風に、形はテーラード&タイトスカートです。

最近洋服買いに行く気力もないなあと思っていたけど、いろいろほしいもの見つけちゃいました~sweat01 買いに行く気力がなかったんじゃなくて、いまの環境でおしゃれをがんばる気力がなかったのねbleah

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 26, 2011

転機

前々から希望を出していた地元名古屋への転勤が叶いましたshine

この希望を出したときは、母の足の状態と、その薬の弊害としておこる感染症の話で不安になり、とにかく近くにいたい一心でした。その後外科的手術をすることで解決の道筋が見えると、ホッとするとともに、時間的に安定した仕事から変わるリスクや仲良しのお友達と遠くなる寂しさで迷いました。今の時代携帯ですぐに連絡できるし、ましてや、出先で家の中のカメラの映像がみれたり、離れた母と娘が動画で花嫁衣裳を相談できる時代だし、、。近くに帰ってつまらなそうにしているなら遠くで楽しそうにしていて、まめに連絡する今のままのほうがいいのか?!と。think

今回の地震で考え方や価値観が変わったという言葉をよく耳にしますが、私の中で一番は、”遠くにいても身近に感じられるのはバーチャルであって、通信や電気といったインフラ網の上に成り立っている、砂上の楼閣だった”と思い知ったことです。電気や通信がないときはアプリは何の役に立ちません。もちろん、少しでも早く都市間を列車が結んでくれたり、遠くの人と携帯端末で動画を送りあえたり、そういうサービスを考えてくれる人がいるのはみんなの役にたってるし素晴らしいことだけど、それがいつでも当たり前に手に入るものと思ってしまっていたと気づいた、というか。

直前に、東京の別の会社に誘ってくれる人がいたりして、さまざま心揺れたけど、震災もあり、異動先も良かったと今時点では思うので、私にとって一番の道に決まったといえると思います。初めての実家から通い地元で働くスタイル。きっとやってみたら、東京に出れて良かった・・・とかしみじみ思うのかも知れないけど、時々、就職活動のときにもっと地元企業を真剣に調べたらよかったなあと思っていたので、やってみて後悔なし。家に帰ったら家族がいて、のんびりできる社会人生活、楽しみたいと思いますhappy01

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 21, 2011

社長!

うちの母が外科的手術のための一時入院から退院したので、お休みをとって帰省。奇しくも東京は計画停電でてんやわんやのところへ爆発!のニュースでみんな逃げ惑っていたので、相当「いいな~」といわれました。。。sweat01 3連休までの5連休、帰ってくるころには事態は解決に向かっているかと思っていましたが、一度放射性物質が漏れると、何もかもが阻まれ事態はそんな簡単なことでないのですね。なんとかよい方法がないのかと、専門家に良い案を期待するしかできることがありませんthink

Pap_0007_2 Pap_0000 うちの中は、退院というポジティブニュースで明るく、さらに姉とその子ども(もうすぐ3ヵ月半くらい)が3回も来ていたので、にぎやかにすごしました。私が出産祝いに送ったハワイ産のベビー服2種。3ヶ月~を二人でワクワク着せたらなんか足が出てるしッcoldsweats02 というわけで次来たときは6ヶ月~を慌てて着せてみたら、肌着が分厚いと微妙ッdown けど、すんごくかわいいので、着れなくなるまで毎日着せて指令を出しました。笑 どちらも抱いているのはうちの父。つまりじいじ。あたしが抱くとしばらくガマンするものの、次第にしぶーい顔になるのに、父に抱かれるとゴキゲン笑顔になってそのうち眠くなって寝てますwobbly 最初は抱かれてる腕にひじを置いてくつろいでいるので、「社長」ってみんなで呼び始め、三日間ですっかり呼び名が社長になってしまったsweat02

Pap_0005 お休み中、昼やら夜やら作りましたが、退院の日は、前から作りたかった2段ショートケーキ作りましたcake。下が18センチ、上が12センチ。かなり大きくて、作ったーって満足感いっぱいです。今度はパレットナイフ買ってから生クリーム塗ろう・・・。 まだ食べれないけど、ケーキを見つめる社長。ローソクが1本しかなかったので、社長の1歳のお祝いみたいでした。いつか食べれる年頃になったら、2段ケーキおつくりしますよ~、社長ッpaper

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 13, 2011

引きこもり

Rimg1737 入浴中、深夜、明け方、携帯の緊急地震速報のサイレンのような音でびくっとして身構えてばかりでした。こんなに大きな地震が続いたのは初めての経験で、まだなにか起こるんじゃないかと思わずにいられず、外出先で自身に合うよりは家であう方が、、とか思ってしまって外出できませんでした。こないだまで毎日普通に出かけて高いところも深い地下も電車も何も思わなかったけど、全部が怖く思えてしまう。災害は合わないとほんとに怖さが分からないものですね。私も津波の映像に信じられない思いだけど、あれを目の前で見た人の恐怖は別次元なのでしょうね。。

Rimg1738 かといってずっと体操すわりしてテレビ見て身構えていてもしょうがないので、前から作れていなかった、バレエ教室の娘さん先生へのギフト作りましたnote なにかに集中している時間は不安もすこし忘れて楽しめました。先生が踊った眠りの森の美女3幕の中のフロリナ王女とブルーバードがテーマです。前に読んだバレエ漫画に、フロリナ王女はお花の姫なの。と書いてあったので、お花に囲まれた二人にしましたtulip 

大人の踊りで一緒に踊った先生は、パリのカフェに来たキレイなお客さん&あとで彼氏が来るみたいな設定だったので、パリな雰囲気とお二人をあらわしたウサギちゃん。エッフェル塔は、細い線がむづかしくて、本物の優美さは表現できずdown まあ、途中までは合ってる感じで部分点はもらえるかな。

アイシングは、なにかテーマがあるとすごく自由に書けることが活きる気がする。いろんなバレエシリーズ挑戦したいなflair
Rimg1739 Rimg1740 Rimg1741

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 12, 2011

一夜明けて

Rimg1736 会社で下から弾むようなゆれを感じだあと、体が降られるような横揺れ、その後、超高層タワー特有の、長周期の円を書くような揺れが続きました。頭上にライト以外ないし、机の下に隠れるか隠れまいか、、って感じだったけど、書庫の棚がぎーーッとありえない音できしんだり、なんか建物がミシッとか言ってる感じで冷や冷やしました。お台場の煙が見えたり、遠くのテレビで石油タンク炎上の映像をみて驚きつつも、余震で揺れることや、エレベータが止まった、鉄道がすべて止まってるっていうことの方が切羽詰った話題でした。

あきらめて会社に泊まる人が買い物に出たりするころ、私は沿線の人と「歩いて帰ろうか、途中飲んだりすれば休憩できるし☆」と気軽に出発しましたが、ターミナル駅ゆえ、会社のエレベーターホールに座り込んでいる人がいたり、地下街にシートが引かれたりして、出先で災害にあわなかったことは、相当幸運であることと気づきました。

オフィス街は歩く人、買出し等の人で道がいっぱいで、約1時間あるいてやっと東京タワー。まだまだ遠いから、まだ休憩しちゃいけないねと徐々に家まであるくことの大変さに気づき始めました・・・。結局、目黒駅からバスに乗れて、出発から3時間半で帰宅。外階段から家に入ると、予想よりは程度は軽かったものの、食器割れてる、液晶モニター倒れてる。。。家具も全体に10センチ程度動いている感じでした。どんだけ揺れたの~sweat02

家に帰ってテレビを見て、はじめて知った大津波。食器が割れるなんてとるに足らない、大災害がおこったことを知りました。津波で町中があとかたないとか、町中で火事が起こったり。自然の大きさの前に、人間が力尽くしてもなんの効果もなく、ただ恐ろしい。

まだ揺れるね~と騒いでいる間に、いつのまにか、IDカード式のドアがいすでとめて開放してあったり、歩くといった私にお水を持ってと教えてくれた人がいたり、地震直後から原発:のメルトダウンを心配している人がいたりして、私、緊急時の生存能力低いと気づきました。災害時こそ、なにか人の役に立つ行動ができるよう、今回のことも覚えておかなくてはdespairPap_0036
Pap_0035

Pap_0034

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« January 2011 | Main